2018年02月15日

お線香

朝、異様なアロマの香りでぇ、

(なんのにおい、くさっ!)

寒い冬の朝、窓という窓
換気扇をグルグル回し
シャープの空気清浄機
シャープの掃除機
フル稼働!

およよ、
これかぁ!

ご先祖様、私が悪うございました。
ご先祖様に私が買ったお線香
白梅の香りでございます。
これは、お墓にお持ちします。
代わりのものをご用意しますので
どうぞ、ご先祖様、この香りご勘弁を!

ということで、ネットでポチる暇なし
ウォーキングついでに
慣れないドラッグストアへ
総合病院の前、
どんな心境のお客さんがいるかわからず、
お線香ありますか?
と、聞けなかった わ、た、し。

探せばあるだろう!
店内ウォーキング、あ、あった!
きれいな箱で、無臭、煙少ないのが良いなぁ
ニヤニヤしながらその一角に寄ってみた!

ポップだ!
乱視だから近づいて見よう!

『つけ心地、最高のフィット感!』

『あなたのよろこびに寄り添う!』


あーあ
「すみません、お線香ありますか?」
「こちらです!」
「あっち、でしたか?」
最初から素直に聞いていればよかった!
お仏壇に向き合う時、
あの、ポップが目の裏に!

え、子孫繁栄が先祖の願いだ?
知るか!
子孫繁栄なら、
なくていいだろ!
配らなくていいだろ!

それでも人々は求めるものなのですね、
あー、ドラッグストアデビュー
いい社会勉強したわ。

子供に
「こんなきれいな箱のお線香買ってきて!」
なんてお使いさせたら、
きっと、違うきれいな箱のを買って来るかもよ、
はじめてのお使いご注意あれーーーー

って、
世間知らずは、あたしか!
posted by ドリアン at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

大隅仮想の旅続きの続きの・・・

ば)
「大隅仮想の旅も今夜が最後です。)

あ)
「いろんなところに連れて行ってくれてありがとう!
 特に、小さな集落でお気に入りの場所が見つかったわ。」

ば)
「よかったw
 でも、別荘として古民家購入ではないんですよね・・」

あ)
「私は未来を思い描くだけね、戻ってから孫たちに話してみるの・・
 ひとつの集落全体を日本のふるさと景観環境維持の法人化にしたいの。
 空き古民家を管理棟にして、運営は若い世代に託すわ。
 そこに住んでおられる地域の方にも地域管理維持費として
 農村の景観奉仕の労務をお支払して
 できたら、私も時々民泊させてもらいたいのよね。
 だから、初期費用は私の投資ね。
 利益になるかならないかは、あの世から見物するのよ。
 だって、あの世には現金なんて持っていけないじゃない!」

ば)
「えーーー未来に日本のふるさとの景色を個人で投資?」

IMAG0316.jpg

あ)
「投資の名目は、学術研究でも観光でも農村体験なんでもいいのよ。
 若い方が集まって、農村のあるがままの風景、
 そこに生きた生活のある景色を維持する投資よ。
 民間での小さな環境投資が日本全国にあったら
 ふるさと交流もできてそれも旅の楽しみになりそうだわ。」

ば)
「それなら、有機栽培、農村環境支援の活動の輪があるので
 最後は、そちらへもご案内します。」

あ)
「あら、連れてって!
 4月からね、種子法が廃止されるのよ。
 未来の日本の農業・食料を考え行動する若い方がいらしたら
 今こそ、私たちができることで応援しなくっちゃね。
 せっかく日本に生まれたのにあの世で後悔するなんていやよね。」

ば)
「全国に先駆けて鹿児島の大隅を視察に選ばれたのはどうしてですか?」

あ)
「土地の多様性ね。
 海・山・植生・水・温泉・錦江湾・火山・農業・林業
 学術的な研究目的にするには多様性があるわ。
 もうひとつは、気候ね。
 寒冷化に向け、冬でも農業生産で期待できるわ。
 ひとつは私の夢だけど、錦江湾も魅力なのよ。
 世界的なヨットレースで世界中からクルーが集るじゃない
 クルーを日本のふるさとの景色・オーベルジュ風で
 おもてなしできたら世界との交流ができて楽しそう、なんてねw」

ば)
「それ、異文化交流楽しそうw」

あ)
「農村ファッションショーなんてのもあったら面白いと思わない?」

ば)
「思う思う!
 着物ファッションショーでも、乗馬できる農村でもいい!
 あ、若い世代って、テレビ見ててダッシュ村体験
 実際に家建てたい、農業してみたいってよく聞きますよ。」

あ)
「私たちの世代は、生活のための労働をないものにしてきたわ。
 勉強・勉強だけでは得られないことがある、これ反省ね。
 自然の営みの労働って、本来人は楽しさを実感できるのよね、
 ダッシュ村農村体験で、子供たちのブームになってくれたら
 それも楽しみだわw」


追記:
311を体験した日本
日本の原風景・ふるさとを思った。

守るべき・守られるべき種子法
4月から廃止。
またひとつ、日本のふるさとの景色を
消してしまうのだろうか?
posted by ドリアン at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

リースリング

IMAG0345.jpg

わがふるさと鹿屋
ワイン過疎地でもある。

(*゜д゜*)!
え?
リースリング!
ギャーーーー

まだ、オムツも取れない
二十歳をすこしすぎた頃
はじめて感動したワインが
リースリング(葡萄品種)のワインだった!

忘れもしない感動で、
サンフランシスコのスーパーで、
St.Jean のワインコーナーにならぶ
たくさんの種類を見て興奮した。
あー、そんな若きころもあったな!

イタリアのリースリングが売り切れてて注文
フランスのリースリングが入荷していたので
買ってみた。

かごに入れたら、いつもの熱血情熱のお兄ちゃんが来た!
IMAG0349.jpg

この葡萄の品種もおすすめです。

え?680円だよ!
 頭痛くならない?

値段でビックリされるかもしれませんけど
この葡萄品種で、このワインでいいですよ。
飲んで不味かったら言ってください!

えー、そこまで言う?

若いお兄ちゃんに弱いお年頃

3月にオーストラリアから
リースリング種のワインが入りますから
ここの棚に並びますから、
楽しみにしててください!

ん!
楽しみにしてるw

イタリア
フランス
オーストラリア
ワインで世界の旅に行ける!
リースリングを味わう旅ができる!

きゃー( ☆∀☆)


posted by ドリアン at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする