2016年04月23日

旬な筍情報:こさんだけ

ご存知の方には、毎年恒例になりました。
今年は、昨年より収穫が見込めそうな出具合です。

P_20160423_121303.jpg

鹿児島では、こさんだけ として親しまれています。
みそ汁の具に、酢みそ和えに、
  炒めに、煮物に、たけのこご飯!
あく抜きなくお料理に使えるのが便利です。
もちろん、皮ごと焼いてお味噌でもOK・通な食べ方!

天候により、山に収穫に入れないこともあり、
発送には余裕をくださいませ。

発送は、鮮度保持のため、クール冷蔵便にてお届けします。
(トマトと同時発送には、いちごの規格箱とで送料節約できます。)
posted by ドリアン at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

かぐや姫ろまん お詫びと経過ご報告

いつもドリアン大将をご愛顧くださり
    誠にありがとうございます。

本日は、ドリアン大将がおすすめしています
かぐや姫ろまんの血判などの事象ご報告と
その後の対応・経過に関しましてご報告させていただきます。


新春のころよりたまごの血判
(白身に血が混じる現象や肉片のようなものが混ざる)
がみられるとのご報告を頂戴しておりました。
こんなたまごの状態があるの?
と、びっくりされましたり、ご迷惑をお掛けし
大変申し訳ございませんでした。

自宅で試食・検食させてただくなかでも、
寒さ厳しい2月の頃よりその数が増えてきました。
そのため、実際に鶏舎へ出向きまして
何度となく、生産者様の声、取組み、変化、外獣害や餌、
気候や環境・騒音、雌雄のバランス、健康など、
鶏がうけるであろうストレスの原因はないか?
などを観察していました。

下は検食の画像です。
P_20160131_160246.jpg
少量の血のような付着が見られます。(軽度)

P_20160331_091031.jpg
上の画像は検食のなかで最も状態の悪いものでした。
となりの皿は、色比較にコーヒーを入れております。

どうしましてもこのような状態は、実際に現物を
生産者様に見ていただく必要があり、急遽今後の
取り組み対応を求め、互いの(ドリアンと生産者様)
試行錯誤が続きました。
「地鶏だから、ごくまれに血判は出るのは仕方ない!」
最初は、生産させる方のまるで常識の範疇のような
意志を変えていただくことから始めました。

まず、取り組んだこと その@
1461211327918.jpg
今年は、鹿児島でも大雪が降りまして
昨年運動場にしていた放し飼いを平飼いに変更されて
いましたので、この元気な雑草を食べてもらう!

1459418916866.jpg
連日、草刈に行き(片道45分)
鶏ちゃんたちに元気な雑草を食べてもらうことから始めました。
春には春の雑草の新芽は、人間も同じく生薬になる!との決意です。

取り組み そのA 東洋医学治療!
私自身の体のメンテナンスでお世話になっている
気功整体の先生にお話したところ、
「鶏のツボ!人間の百会にあたる部分を爪楊枝のようなもので
5・6回押してあげたら気づまりも解消されるでしょう。
やってごらん!」
と、アドバイスいただき、早速その日のうちに向かいました。
1461211260408.jpg

これには、生産者様もびっくり!
やってみると、元気そうな
鶏のツボ(肛門の上、ボンジリの下)は、
押してもやわらかく、またこちょこちょされるのを
嫌がるような反応を示す反面
体調弱そうな鶏のツボ押しは固く、そして何より
鶏が気持ちよさそうにして動かないのです。
この時、人間も同じだなと感じました。
思わず、
(体調弱ってたね、寒かったね、ごめんね!
 たまごがちゃんと教えてくれてたんだね!)
と、声にしてしまいました。

ツボ刺激の感触を得て、生産者様は
「夜は鶏が動かないので作業しやすい。」
とのことで、当日の夜には全羽分の対処をしてくださいました。

取り組み そのB
1460168723186.jpg
生産者様の有精卵の確立をあげるためのこだわりで
雌雄のバランスとして、雄鶏多く、大きすぎる傾向がありました。
これは交尾の際のストレスにもなる要素でしたので、
全雄鶏を1年若い雄鶏に入れ替えました。

1461211268662.jpg

現在では、運動場も整備され鶏舎と行き交い
時々は雑草以外にクレソンを鶏にも与えてみたりしています。
今回の取り組みがよかったがどうかは鶏の健康状態をより
観察することが大切であると思います。
(なんだか無我夢中で最近の鶏舎の画像を撮り忘れています。
 ごめんなさい。)

3週間ほど経過観察、たまごの検食では、血判の発生はかなり
少なくなったように見受けられます。
引き続きまして、生き物である鶏の健康状態や環境を
観察していき、生命の源である健康なたまごの
ご紹介をさせていただくべく、生産者様へのご協力も
お願いしているところでございます。

自然の現象としてすべての血判を排除することは
大変難しく、今後もご迷惑をおかけすることもあるかと存じます。
できますならば、血判に限りませずこれからもたくさんの
お気づきのことなどをお知らせくださいましたら
生産者様ともに対応・検討させていただく所存です。

血判、割れなどでお召し上がりいただけませんでした
たまごに関しましては、次回のご注文などで追加対応
させていただきますので、お声掛けくださいませ。

本来ならば、お声をくださいました皆様に個別に
ご連絡させていただくべきところ、この場をお借りして
経過の報告をさせていただきますことをご了承ください。

平成28年秋頃より
商標登録としてご紹介していますの地鶏の卵ではなく、
ほかの交配種のたまごが混在している可能性が見受けらることから
10月末現在より取り扱いを中止しております。



posted by ドリアン at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

竹炭の活用 飯山流!

1453904486864.jpg

飯山一郎 2011年4月の投稿より以下抜粋↓

http://grnba.secret.jp/iiyama/more21.html#ws04061

◆2011/04/06(水) 竹炭(たけずみ)は,黒いダイヤ!


ツイッターには,時折,宝石のような情報が入る.
次は,昨晩の黒いダイヤ,宇宙人ブーというヒトからの短文メールだ.
「飯山センセ。竹炭20トン準備してます。必要ありましたらご連絡くださいませ。」
竹炭は,放射性物質を吸収する最適素材だ.
竹炭があれば,ヒジョーに簡単に「放射性物質を除去する浄水器」がつくれる.
今後,「放射性物質の除去可能」うたう浄水器の勧誘が増えるが…,
買ってはいけない.

「放射性物質を除去する浄水器」のつくり方を教えよう.
 1.竹炭を布で包んでトンカチで叩いて粉にする.5mm以下の粒子にする
 2.竹炭の粉を,直径100mmの塩ビ管(長さ1.5m)に詰める
 3.光合成細菌液か酵母液を2リットル位流しこむ.
 4.2時間後,放射能水を注いで濾過する.
 5.すると,放射能が完璧にとれた浄水が出てくる.
 6.これは放射性ラジウムで実験済み.

きょうは多忙なので,あとで詳しく書くが…,
竹炭は放射性物質を吸着するだけでなく,光合成細菌と組み合わせると…,
セシウムをバリウムやキセノン(安定同位体)に「原子転換」させる…,
「触媒」のような働きをします.

コピペ終
宇宙人ブーさんの竹炭はどうしたんだろう?
posted by ドリアン at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする